2004年 6月定例会 未来の渋谷をつくる会代表質問原稿


先日、スカンジナビア政府観光局主催のデンマーク・スウェーデン・ノルウェーの3か国を廻るテクニカルビジット研修ツアーに参加してきました。噂どおり、スカンジナビアの環境・福祉の施策は素晴らしいものでした。昨年のこの時期の代表質問で吉野和子議員がデンマークのカルンボー市に視察に行かれた時の話が出ていました。僕にとっては、初めての議会の中で、一番印象に残るものでした。ホームヘルプ体制の区独自の確立の問題についての部分を、ちょっと引用させていただくと、「デンマークのカルンボー市のあの理想的な状況を、すぐに渋谷で実現できるとは思いませんけど、しかしデンマークではすでに20年前にそれが実現していることを思いますと、かつてあの頃の日本では個室の特養ホームなどとは考えられなかった、そういうことが今現実に実現ができるようになった、そのことを思いますと、このことも決して不可能な話ではないというふうに私は信じたいと思います。」と。吉野議員が強く希望されたホームヘルプ体制の区独自の確立がなされることへの希望に強い共感を憶えたのと、20年前、すでに理想的な福祉政策を実施している国ってどんなところなんだ?実際にどんな施策が実施されているんだ?という気持を北欧に抱きました。そんな思いで、この研修ツアーに参加しました。

実際に、行ってみて感じたことは、日本とは比べものにならない、高い税制度があるから実現できる高福祉制度なのですが、そういった政策が実現するに至った経緯や、その国民性がカッコイイということです。僕が何よりもカッコイイと思ったのは、民意の高さです。市民が社会活動に参加する、発言するというシステムがしっかりできているんです。単に意見をぶつけ、議論をするということでなく、相手を理解し、ダイアローグ(対話)していくことの大切さが多くの人に根付いているんです。会う人会う人が、念仏のようにダイアローグ、ダイアローグと言うのが印象的でした。議論して相手を論破するということでなく、相手を理解し解決策を模索していくこと。これは妥協とは全く違うし、これを共通意識として実践していることは、スゴイと思いました。

北欧から学ぶべき点は、もちろん福祉・環境の素晴らしいハードの部分もありますが、このダイアローグ(対話)にあると感じました。スウェーデンはカルマル市環境局の担当者がこんなことを言っていました。「確かに、私達は以前よりも良いサービスを受けれるようになりました。しかし、この現状がベストだと思いません。私達は更に議論を重ね、よりよいものをつくりだすことが出来るはずです。まず大切なことは話し合うこと。様々な立場にいる人が様々な意見を素直に出し合いながら、そこから新しい道を探り出そうとする『ダイアローグ』の機会を持つことなのです。人が人と話し合うことの中から何かが生まれ、それを分かち合うことができます。環境にしても福祉にしても、それはこの『ダイアローグすること』から生まれた具体的な現象なのです。ですから環境への取り組みや、キレイな福祉施設だけにただ目を奪われるだけでなく、私達が何を考え、何について対話してきたかを理解して欲しいのです。」と。こうした姿勢があるからこそ、福祉や環境への取り組みの意識がしっかりと生活に根ざし、確実に機能しているのだと感じました。世界でも名だたる、北欧の高福祉政策、環境政策、90%を超える投票率の高さなどの原点はここにあると感じました。

また、行政で働く人が自分の仕事に誇りを持っている姿、ビッと胸張って仕事しているんです。自分たちの生活の向上に関わる仕事についていることに強い誇りを持っています。市民としっかりダイアローグして、生活最前線の施策を実施してくコーディネーターとして、その仕事に喜びと責任と誇りを持っています。あたり前だけど、素晴らしいことです。日本では、渋谷区では、どうなんでしょうか。ここは負けているなぁって正直思っちゃいました。

また、もっとも強く共感を抱いたのは、未来へのプラカードを掲げている点です。10年後、30年後、しっかりと目標を掲げているんです。しかもわかりやすい。2020年には、風力発電からの電力供給を30%しようとかビジョンが明確なんです。目標があればそこから逆算して到達戦略をつくれるし、何よりもわかりやすい。日本の行政も目標をもってやってるけど、もっともっと分かりやすく大胆なビジョンを掲げたらと強く思い直しました。有意義な研修ツアーでした。

今回の質問のポイントは大きく3つプラス1つです。ひとつは、区役所の職員がもっとモチベーションを上げて仕事につける環境づくり。ふたつ目は区民の知恵・知識の向上を図り、区政に活用するシステムづくり。3つ目は、未来へのプラカードについてです。

ひとつ目の職員のモチベーションをあげる仕組みづくりです。よく役所って縦割り体質が、問題視されることがあります。「これは所管が違いますから」というコトバをよく耳にします。横でもっと繋がってもらったらいいのにという区民の声も耳にします。たとえば、街の美化については環境清掃部が所管です。でも美化について子ども達に啓発教育をしていきたいとなると教育委員会になります。イベントを実施して啓発活動をしようとなると企画部になるのかも知れません。こうなると何処とどうしたらいいのか、非常に分かりづらかったりもします。こういったニーズにたいして、縦割りでなく、横断型のプロジェクトチームを造っていくことは出来ないでしょうか?ひとつのセクションでその専門性を高める業務も大切ですが、時と場合によっては、2つ以上の異なる業務を兼務し遂行していくシステムは、現在、多くの企業でみられます。これは、仕事の視野が広くなるという点で、従業員の育成にも多大なる効果があります。

また、区役所内の情報の集約もより良いサービスに繋がります。例えば、職員のナレッジの共有を図るため、情報のデータベース化をしていくことは如何でしょうか?以前僕が勤めていた会社では、社員全員がアンケートに答えます。自分の所属するセクションに直接関わらないことでも、自分のネットワークや得意分野を記入していきます。例えば、僕は北欧について詳しいとか、私はゴルフに関しては、プロの友達が大勢いるとか、俺の学生時代、演劇仲間だった奴が、今劇団の主宰となり活躍しているとか、ありとあらゆる情報を集めるんです。区民からある問題提起された時、これは自分の所属する部門だけでは、解決が難しい、助けが欲しいとなった時、その答えに繋がるヒントがこのデータベースにあるかもしれません。また、イベントであるスポーツ選手に講演を依頼したい。どうしようという時、はてはてヒントはないかな?ってコンタクトを取ると、あっ、あの人の知り合いなんだ、じゃ、あの人から繋いでもらおうなんてこともできたりします。これを利用して、職員自ら横断型のプロジェクトチームを造っていくこともできます。これは、職員だけでなく、議員も情報を提供したらもっといいんじゃないかって考えます。

また、プロジェクトチームの中で、区民にいいサービスが提供できたプロジェクトに対しては、区長賞などの褒賞があってもイイと思います。いいことに対して税金が使われ、さらにそれが職員のモチベーションアップに繋がり、更なるプロジェクトの発展に繋がるのならば、何も問題はないんじゃないかと思います。ご検討ください。

今年度より、海外視察が計画されるとのことですが、僕は、これは非常にいいことだと思います。日本以外の国を実際に肌で感じてくること、また感じた人が大勢、行政に携わるということは、いいことだと思います。行政関係者にもっと海外を見て感じてきて欲しいと願う区民は多いと思います。ただ短い期間の視察でも成果はもちろんあがりますが、1年2年の単位で、職員の交換留学などを実践するお考えはないでしょうか?実際に現場で当事者となり業務に触れることで、学べることは多くあるはずです。今回僕が行った北欧の都市で市長や、環境¥福祉の担当者に、仮にこんな話はと問い合わせてみると、そういう人的交流も非常に興味があるとのことでした。姉妹都市提携からもう一歩踏み込んだ提携についていかがお考えか、区長のご所見をお聞かせください。また、これは海外という視点だけでなく、国内の企業に研修にいくということも出来ると思います。ここのポイントは同じ行政だけじゃなく、一般企業がどう考え、どういう施策を実施しているのかにもっと触れる機会をつくることで、バランス感覚のある行政マン育成に繋がると思います。併せて、ご所見をお伺いします。

2つ目の区民の知恵・知識の向上を図り、区政に活用するシステムづくりについてです。先だっての選挙での渋谷区の投票率は約39%です。これは非常にマズイ状況です。このままじゃなんかヤバイなぁって感じている人が大勢います。未来に対し、何ともいえない不安な気持を抱いている感じです。これはいわゆる政治不信の影響と言われますが、これは個人的には詭弁だと思います。僕も政治に携わる人間として、あえて政治家不信と言わせていただきます。この政治家不信に端を発し、一般市民の他人任せ的な責任の放棄が入り混じり、負の方向にスパイラル的に進み、現在の状況を生んでいるんだと思います。昨年の9月議会で申し上げた、「政治とは本来、条例や法律をつくることだけでなく、『自発的な意識のもと、みんなでつくりあげるもの』であるということ。国や地域が個人を補償するという、他人任せ的な考え方ではなく、個人が国や地域を補償しているというんだという意識を持つことが、本当の意味での自立した個人であり、そういった自立した個人のあつまる社会は、理想の社会である」という考え方ですが、区長にも共感したという答弁を頂きました。現状を打破していくには、政治がもっともっと区民の生活に近いものとなり、関心を引くことを目指すとともに、区民ひとりひとりがもっともっと積極的に参加し、ダイアローグできるシステムが必要と考えます。今、必要なのは我々政治家がもっと頑張ることと、区民の意識の変化を生み出す施策の両輪だと思います。ここで、区民が参加しダイアローグできるシステムとは?ということなのですが、実は、これといった区民が区政に関心を持つ、即効性のある解決策は難しいと思います。簡単なことであれば、色んな自治体がすでにやっていますよね。

例えばですが、僕が活動しているNPOで、街のそうじ活動というのがあります。ここでは、そうじに対し一般に参加の募集をしています。始めての参加者から感想を聞くとそのほとんどが、パブリックな場所をそうじすることの爽快感や、街の散乱ゴミに対して、今まで気にならなかったものが気になりだした、もうポイ捨てなんて出来ないといったものです。小さなことですが、立派な社会参加ですし、これをキッカケにもっと社会に関心を持つことになるんです。
きっとこういうことの積み重ねしかないんじゃないかって考えます。このようなキッカケと成り得るスイッチをもっともっとサービスとして提供していかなければと考えます。この例にあげたボランティアそうじという小さなスイッチから、行政が関わることで作れる大きなスイッチを織り交ぜ、実施していくことが、「なんかこのままじゃヤバイよなぁ」とみんなが思っていることへの解決策なのではと考えます。

今回の提案は、現在、区が提供しているサービスの中で、ことぶき学級などの各種教室のビルドアップアイデアです。現在、実施されている各種教室は、おおむね好評と聞いています。こういった教室は、実際に区民の生活に役立つといった面と、行政が提供しているということで、行政を近くに感じられるという面があります。このシステムをさらにビルドアップさせることで、行政サイドから区民ニーズに答えた情報の発信や、コンテンツ作り、研究にまで発展させることが可能と考えます。名づけて。『渋谷区立シブヤ大学』の設立です。これは何も新しい建物を必要とするものではありません。現在ある社教館や、公立校の空き教室、または空きビルなどを活用します。渋谷区中が学ぶ場所で、キャンパスになります。渋谷にも恵比寿にも、原宿にも本町にも、色んなところで色んな講座が開かれます。渋谷ならではの特色を活かし、国際都市感があり、心の豊かさを育み、オシャレな学びの場です。区民の生活ニーズにあった学科が存在します。環境科・福祉科・ユニバーサルデザイン科・服飾科・IT科・ボランティア科などなど色々と考えられます。もちろん講師陣も多彩です。渋谷区内に事務所を構える有名デザイナーから、いわゆる学識経験者までいます。その人達にちょっとこのアイデアを話すと非常に好評です。講師の成り手については問題なさそうです。ここはいわゆる学生だけでなく、いろんな世代が学べる学校です。また、区役所の職員が講師となることもあれば、生徒になることもあります。今までの教室のような短期コースもあれば、研究室も構え、現在区が抱える課題についてのサポートまでも出来る体制です。例えば、区の広報誌をもっと面白いものにということであれば、ユニバーサルデザイン科の力を借りることが出来るし、緑化の施策では、ここで専門に学ぶ学生の力を借りることも出来ます。ここの卒業生の中から区役所で働く人が出てくるいいですね。これは、非常に大胆な試みですが、社会に関心を持つキッカケとなるスイッチの役割としては、大きなスイッチになります。いきなり実施というのは、非常に難しいとは思いますが、渋谷区立シブヤ大学設立検討プロジェクトのようなものを立ち上げて、可能性を探ってみては如何でしょうか?もちろん横断型のプロジェクトチームで、外部からの意見も取り入れます。区長、如何ですか?

3つ目の未来へのプラカードです。例えば、都市計画マスタープランを例にとると、本町・笹塚地域は「安心して快適に住み続けられるまち」初台・西原¥上原地域は「みどりと潤いにある環境を保全し快適に暮らせるまち」などとなっています。マスタープラン自体素晴らしい施策だと思いますが、具体的な数値目標をつけたらさらに太いビジョンとなります。例えば、20年後までの達成目標とし、「安心して快適に住み続けられるまち 数値目標:道路のバリアフリー化90% 年間火災発生件数0件 年間交通事故発生件数0件」にするとか、「みどりと潤いにある環境を保全し快適に暮らせるまち 数値目標:緑比率30%」とか、具体的にすることで、そこから逆算してそれぞれの課題に対し施策を考え、実施できると思います。区民を含め、実施にあたる当事者が分かりやすい目標を持つことができます。これは、都市計画マスタープランだけでなく、住宅マスタープランにもいえることと思います。例えば20年後までに、高齢者福祉施設が区内に20箇所とか、投票率が90%とか、区全体の緑比率を35%とか、保育待機児を0にするとか、理想の未来を具体的に数値化していくことを検討しては如何でしょうか?

最後に、大きく3つとプラス1つのプラス1つです。それはドッグランについてです。昨年の9月の議会で設置の検討について質問させて頂いた時に、区長から「ドッグランについては、都がすでに社会実験として設置しており、利用者や住民の意見を聞いている段階であります。ゲートボールや少年野球のボール遊びなど、様々の公園利用形態の中で、ドッグランをどう位置付けるのか、なお検討しなければならないと考えております。」との答弁を頂きました。その当時、都が実験として設置していたのは駒沢公園と神代植物公園だったのですが、今年度より、代々木公園がドックランとして使用可能な公園と位置づけたようです。こうした都の動きと併せて、渋谷区のその後のドッグランについての進捗状況をお聞かせください。
以上です。よろしくお願い致します。

区長答弁
未来の渋谷をつくる会、長谷部健議員の質問にお答えをします。
北欧三国を視察され、その成果をベースに御提言をいただきました。いつもながら、さわやかですばらしい感性と発想、そして常に前向きの御提言に対して敬意を表したい、このように思います。
福祉も環境問題も、すべてがダイアローグ(対話)から制度を生みだしていくということでございました。その制度も、市民が社会活動に参加されて、よりよい制度を生み出しているという発言でございました。しかし、日本人は日本人としての国民性があり、文化や習慣も違っておりました。日本人はどちらかといえば、不言実行が美徳とされてきた、そういった伝統を持ち、文化や習慣も違っておりました。そういう意味で、なかなかこの対話というものが得手でないと思いますけれども、二十一世紀を夢と希望のある時代とするためには、これからは有限実行の時代でなくてはならないのだなと、こういうふうに感じました。
御質問の中で、四つあったわけでございますけれども、ドッグランを除いて三点について私の方から答弁をさせていただきたいと、このように思います。
この三点は、いずれも行政と区民とが多様な連携によって、区政運営を協働していくと、そのための行政内外の環境整備についての御質問であったと、このように思っております。順次お答えをさせていただきたいと存じます。
最初に、役所の縦割り体質を解消し、横断的なプロジェクトチームをつくってはいかがかというようなお話でございました。明治以来、国の組織を初めまして行政は縦割り組織になれ親しんできたわけでございますけれども、そのことによって生じる問題点も多くあったと、私もそのことについて認識をしているところでございます。本区におきましては、そのためにの横断的組織といたしまして、企画部とか、総務部とがあるわけでございますけれども、様々なプロジェクト設置は、一方では区民の混乱を招くと思います。御提言の趣旨を踏まえながら、必要に応じて課題に対応して、これを考えてまいりたい、こういうことで御理解をいただきたい、このように思います。
職員の知識・情報の共有を図るために、職員全員が自分のネットワークや得意分野等を回答して、情報のデータベース化をしてはいかがというお話がございました。なかなかおもしろい提案だと、このように感じました。今後、その発想はどこか随所で生かしてまいりたいと、このように思いますけれど、一方では、これが組織の中で、その知識・情報を活用していく。そういう文化が生まれ、育っていくことが必要であろうと思いますし、他方ではこれが悪用されることのないような、そういう配慮も必要なんだなと、このように思っております。御提言を承らせていただきたい、このように思います。
次に、プロジェクトチームに対して、区長賞等の褒賞についてのお話がございました。昨日は、馬の鼻先にニンジンよりも、どちらかといえば仕事にやりがいを見出せるようなシステムづくりを区長、考えろよと、そういうようなお話もございました。私は、いずれも大切なことだ、このように思っております。機会をとらえまして、御提言について検討してまいりたい、このように思います。
さらに加えて、職員の長期のわたる海外都市への交換留学や、あるいは区内企業への派遣研修についても御提言がございました。この着想はこれまでも都道府県レベルや、あるいは行政、自治体レベルで実施された課題でございますけれど、それぞれ財政事情等もあり、中止をされてきているというのが実態であろう、このように思っております。加えまして、地方公務員制度との整合性もございますので、将来課題とさせていただきたいなと、このように思っております。
二点目として、区民の知恵、知識の向上を図りまして、区政にこれを活用するシステムとして、区の課題解決につながるテーマについて研究する渋谷区立シブヤ大学を設立してはどうかという御提言でございます。これまでも國學院大學のご協力をいただきまして、渋谷大学を区民のために実施してまいりましたが、また、今のお話は、違った新しい視点、新しい角度からの御提言だろうと、このように思います。御提言を受けまして、実施に向けて検討してまいりたいと、このように思います。
三点目は、未来のプラカードについての御提言でございます。
理想の未来の数値化をと、こういうことでございました。本区は渋谷の未来の姿を描く基本構想に基づきまして、実情に応じ実施計画を定め、数値化が可能な課題につきましては、数値目標を定めるようにしてまいりました。すべての行政課題について目標数値を定めると。先ほど交通とか、火災の話もございましたけれども、これはそれぞれ所管が違っておるわけでございまして、その数値について、区としてどこまで責任が持てるのかというような課題もあろうと、このように思います。御提言を参考にいたしまして、できるところから始める。よりわかりやすい区政のために努力をしてまいると、そういうことで御理解をいただきたいと存じます。
以上で答弁を終わらせていただきます。

土木部長答弁
渋谷区におけるドッグランの推捗状況についてのお尋ねでございます。
ドッグランについては、東京都におきまして平成十四年十二月から都立駒沢公園及び神代植物公園で実験を行っております。その結果を踏まえ、平成十五年十一月から本格実施に移行しており、さらに本年度かあら都立代々木公園など、条件の整ったところから順次設置をするというふうに聞いているところでございます。
また、都の実験期間中には、その公園の規模、利用者の駐車場の確保、公園利用者の理解など、様々な課題があったとも聞いておるところでございます。区立公園規模でのドッグランの設置につきましては、都立公園の実験における課題のほか、騒音や臭気など周辺環境に与える影響、さらには住宅が接近する環境における様々な公園利用形態の中で、いかに区民のコンセンサスを得るかなど、依然課題もありますことから、将来課題とさせていただきたいと存じます。御理解をいただきたいと思います。

答弁に対する発言
全体的に熟慮いただき、前向きな答弁をいただいたと理解しています。ありがとうございます。区職員の働く環境づくりについては、すぐに実施というものは難しいようですが、次回はもっと具体的にしたプランで、実施の企画書でご提案できればと思っています。もっともっと考えてみます。今回の提案の中では、渋谷区立シブヤ大学について、実施に向けての検討という答弁、すごい一歩を踏み出せたと思います。区民のニーズと渋谷という場所の特性を生かした、今まで例に見ない後世に渋谷モデルとして残るような学びの場となるよう、僕も最大の努力をして一生懸命協力したいと思います。どうぞよろしくお願いします。

未来へのプラカードについては、僕もすべての行政課題を数値化していくことは困難だと思います。おっしゃるとおり、まずはできるところから始めていきましょう。よりわかりやすく、みんなが目標として共有化し、みんなで未来に向かって進んでいければと強く願います。

最後にドッグランです。前回同様、まだまだ課題が多く、厳しいのですが、僕の気持ちも前回同様です。まだまだあきらめません。引き続き頑張ります。

これで二回目の質問に立ったわけですけれども、前回の質問時にお伺いを立てた、パソコンを使用しながら企画書を説明する感じでの質問をしたいといことに対し、議事録に残しづらいとのことだったので、今回は最初から文章のみというやり方で挑んでみました。やっぱり文章を読み上げるだけより、パワーポイントの方が説明しやすいなと思ったのと、理解の深化をより促進できるし、聞く人にとってもすごくいいんじゃないかと感じました。議事録もホームページにアップされることになったわけですし、ネット上であれば図やグラフなどの説明資料も掲載できると思います。

今回の感想は前向きの答弁をもらったという喜びと、その実現のために頑張って汗かくぞという決意と、是非議場にもパソコン関連の整備がされたらいいなという希望で締めさせていただきます。ありがとうございました。

議会活動TOP(MENU)へ